ブログランキングに登録しました!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
プロローグ?
2007-03-14 Wed 23:55
「え~っと、黄色ポーションは持ったでしょ、それから後は緑ポーションでしょ、それから・・・」

周囲を森に囲まれたダンジョン前のカプラサービスで緑髪の少年が下を向いて何やらブツブツ言っている。

所々に木で出来た建物が何軒か見える。

どうやら、ここは集落のようだ。

「あ!忘れてた!アン、お腹は?」

緑色の髪をした少年は、しゃがみこんで大きなカートの中をゴソゴソしながら背中越し言った。

「サナ、ボクもうダメ。お腹すいて溶けちゃいそうだよ・・・」

カートの陰に隠れていた、ゼリーのような生き物が顔を覗かせた。

「あぁ~、ごめんごめん」

緑髪の少年は、慌ててカプラサービスのお姉さんにセルーを出してもらうと、ゼリーのような生き物の口に一つ放り込んで残りをバックの中にしまい込んだ。

『アン』と呼ばれている生き物は、にっこりしながらセルーを口の中で転がしている。

・・・と、いってもゼリーのように体が半透明なので、端から見ると体の中にセルーがフヨフヨ浮いているように見える。

すると、ご飯をもらってニッコリしていたアンの目が、急に変わった。

「ねえ?サナ。何か聞こえない?」

アンは、相変わらず忙しそうにカートを覗き込んでゴソゴソしている少年の背中に言った。

「ん~?別に何も聞こえな・・・」

と、言いかけて、何か息づかいのようなものが聞こえるのに気がつく。
少年は何かを思い出したように、ハッと顔を上げると、そぉ~っと振り返った。

そこには、プリンを容器から逆さまにして取り出したような形のアンがいたが、その後ろには周囲の森とはあきらかに違う緑色が視界いっぱい目に入っていた。

その緑色にピントが合って、角が生えたヘルメットが見えた瞬間、突然頭上に殺気を感じた。

「うわぁ!」

少年は悲鳴をあげて後ろに仰け反りながら尻もちをついた。

その瞬間

「ドン!」

上から振り下ろされた斧が、尻もちをついた少年とアンの間に鈍い音を立てて突き刺さった。

心臓が飛び出そうなくらいドキドキしているが、いつまでもビックリしている場合ではない。

「アン!」

少年は、すぐ様立ち上がり、土の地面に突き刺さった斧を引き抜こうとしているオークウォーリアから目を離さずに言った。

「オッケー」

アンも、それが戦闘開始の合図だということを察知して、真剣な目つきになる。

すると、次の瞬間・・・

文字通りの馬鹿力で斧を引き抜いて後ろに体勢を崩したオークウォーリアの真下から、尖った触手のようなものが凄いスピードで生えてきた。

尖った触手がオークウォーリアの肩に突き刺さる。

「グォォォォ!」

しかし、オークウォーリアは、ひるまず肩に刺さった触手を反対の手でガシ!っと掴むと、そのまま触手を引張り上げた。

すると、アンの体が地面へと消え、オークウォーリアの目の前の地面から姿を現したと思ったら引張上げられてしまった。

オークウォーリアは、そのままアンを大きな岩へ投げつけようと振りかぶった次の瞬間

「カートレボリューション!」

ダンジョンに入る準備をしていたせいか、ポーションが山盛り入った重そうなカートで少年はオークウォーリアを思いっきりぶん殴った。

ガッシャーン!という大きな音と共に、オークウォーリアは真横に吹き飛ばされ、アンはそのまま空中に投げ出された。

回転しながら宙を舞うアンが地面に叩きつけられそうになった瞬間、間一髪で少年がアンを受け止めた。

「あぶなかったなぁ・・・アン、怪我は?」

目をつぶっていたアンが抱きかかえられたまま目を開けてみると少年の顔があった。

「大丈夫、かすり傷だよ」

5メートル程吹き飛んだオークウォーリアはグッタリと地に伏せ、昏倒したかと思うとスーっと消えていった。

少年はアンにポーションを投げて体力を回復すると、オークウォーリアが消えた跡に残されたオーク戦士の証を拾った。

「ダンジョンに入る準備してたところだったから、カート重量が重くて助かったよぉ~」

「そう、ボクのご飯も忘れるくらい夢中になって準備してたもんね」

「そう言うなって、ごめんよぉぉ・・・」

「じゃぁ、もう一個セルーくれたら許してあげる」

「さっきあげたばっかりじゃん!それにほら、さっきあげたセルーがまだ残ってるし!」

アンの半透明の体には、さっきより多少小さくなったセルーがフヨフヨ浮いている。

「ボクは成長期だから、まだまだ全然足りないよ」

「な・・・なんだって?!ホムンクルスにも人間と同じように成長期があるのか!・・・新しい発見だ!」

「うっそだよぉぉ~ん」

「なんだとぉ~コラー!」

二人(一人と一匹?)の会話はオークダンジョンに響きながら深い闇へと消えていった・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 物語 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<後記 | さなさんの生活 | 魔法学院入学!>>
この記事のコメント
なかなか面白いでわないかっ!
早く続きが読~み~た~い~な~♪
書いてっ!書いてっ!
おながいします!おながいします!
2007-03-15 Thu 13:21 | URL | モカ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
>モカっち

とりあえず、今、『オークダンジョンの謎編』を書いております。

まぁ、いつ完成するかはわからんが、気長に待ってておくれやす。w
2007-03-23 Fri 00:24 | URL | 冴凪 #-[ 内容変更] | top↑
あんきも可愛い!w
さなさんは文章書く人だったのね~w
続きがきになるのデぜひとも続編ができたら読ませていただきますw
2007-04-05 Thu 19:36 | URL | てとら #-[ 内容変更] | top↑
>てとらさん

続きを書いてみました。w

ヘタですけど文章書くこと自体は好きだったりします。w

後編が書きあがるのは、いつになることやら。^^;
2007-04-08 Sun 19:36 | URL | 冴凪 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| さなさんの生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。