ブログランキングに登録しました!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
リアルSP消費
2007-03-25 Sun 08:36
さてさて、自分でも意外な程にハマっているテコンですが

只今、モロク→→にてサソリの尻尾集めがてらLv上げをしています。

まったり育成なので、Baseがやっと50になりました。

当然ながら、このモロク→→にもBOTがいまして
リアルSPを消費しながらの狩りになっているのですが・・・・゚・(ノД`;)・゚・

シーフとローグのBOTで、確認できるだけでも4体かな?

飼い主のメイン垢にセージでもいるのか、それとも材料の状態で露店売りしているのか・・・。

このぶんだと、他の材料狩場にもBOTが湧いているっぽいかな。

材料狩場がBOT汚染→プレイヤーがBOTを嫌い材料狩場がBOTだけになる→
コンバーター材料を入手するのにBOT露店から買わざるを得なくなる。

・・・んー、BOT露店不買い運動が活発化しているので装備やカードが売れず
地味だけど確実な方法を狙った結果なのでしょうか。

最近は奇妙な日本語をタイトルにした露店も増えて、BOT露店も巧妙化(?)されていますしねぇ。

新職実装・キャラスロ増加・コンバーターや料理等低級狩場ドロップ品を
使用した作成アイテム等の影響で低級狩場に人を集めて初心者に優しい環境を
作ろうとする癌呆の意向が感じられますが、そういった新システムもBOTの影響で
無に帰すとこになりそうですね。
スポンサーサイト
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
てっこ~ん!
2007-03-23 Fri 00:55
さてさて、セージのコンバーター作成も軌道に乗ってきて、売れ行きもそこそこ上がってきました。

ある日、セージでINするサナさん。

先日加入した魔法職限定ギルドで、突発ギルド狩りへ。

溜まり場がゲフェンということもあり、近場でゲフェンダンジョンへ行こうということになりました。

パーティ編成。

支援アコライト(学院長)

火念マジシャン(くらいむさん)

エスマリンカー(ルルさん)

付与セージ(おいら)


支援がアコ一人だったんですが、ゲフェンダンジョン2Fでも結構イケてるではないですか。w

それにしてもエスマTUEEEEEEEEEEEEEEE!

エスマでナイトメア1確なので、おいらはホトンド出番なし。w

でも、SP辛そう・・・

ルルさんが「どっかにテコン系いないかなぁ?」

どうやら、テコンには「楽しい休息」というスキルがあって
テコン系キャラの隣に座るとSPが回復するとか・・・

そこで、単純なサナさん。

ルルさんのエスマリンカーのSP回復役として拳聖志望テコン爆誕!www

いやぁ、テコン系やるの初めてなんですが、これは面白い!

スキル発動が他職に比べ、ちょっと特殊ですが、なんか癖になりそうです。w

とりあえず、タイリギ、フェリオチャギ(旋風脚?)落法セットまで取得しました。

これから休息→ファイト→温かい風と来て、最後にノピティギかなぁ。

タイリギ→ティオアプチャギが難しいです・・・_/ ̄|○

まぁ、まだ研究中なので変更予定ありですが・・・。

方向性としては、悪魔切りのAGIバランス型になる予定。

問題は拳聖に転職後のスキル振り。

温もりをどうするか・・・。

実際、使ったことがないので関連BBSなので使用感等を
読み漁っているのですが、いまいちピンときません。(´・ω・`)


求む!ヌクモリストさんの体験談!
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
後記
2007-03-15 Thu 00:08
えっと、ホムンクルスとケミの物語ですが
時間がある時に暇つぶし程度に半分寝ながら書きました。w

なのでプロローグっぽい感じなのですが
気まぐれで書いたものなので本編が始まるかどうかは定かではありません。w

更新頻度の少ない当ブログを読んで頂いている方への
ちょっと変化球な息抜きみたいに思って頂ければと思います。

時間があれば、冒険編や生命倫理編、ホム誕生秘話編なんかも
書いてみたいかなと思っているのですが

もし時間が無かったら、一生本編は始まらないかもしれません。w

一応コンセプトみたいなものもありまして書き始めたきっかけになったのが
『ペットも喋るんだからホムだって喋ればいいのに』
・・・という素朴な希望からでした。

そういえば、某錬金術漫画のホムンクルスはROのホムより全然完成された感じでしたね。w

どっちかっていうと、某タ○カーさんが錬金術で人語を話すキメラ(合成獣)
を錬成した話がありましたが、ROのホムはアレに近いの感じでしょうか。

まぁ、難しい題目は置いといて気楽に読めればと思います。

っていうか文章力の無さを痛感しましたよぉ。・゚・(ノД`;)・゚・

読みづらくてスミマセン。(´・ω・`)
別窓 | RO | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プロローグ?
2007-03-14 Wed 23:55
「え~っと、黄色ポーションは持ったでしょ、それから後は緑ポーションでしょ、それから・・・」

周囲を森に囲まれたダンジョン前のカプラサービスで緑髪の少年が下を向いて何やらブツブツ言っている。

所々に木で出来た建物が何軒か見える。

どうやら、ここは集落のようだ。

「あ!忘れてた!アン、お腹は?」

緑色の髪をした少年は、しゃがみこんで大きなカートの中をゴソゴソしながら背中越し言った。

「サナ、ボクもうダメ。お腹すいて溶けちゃいそうだよ・・・」

カートの陰に隠れていた、ゼリーのような生き物が顔を覗かせた。

「あぁ~、ごめんごめん」

緑髪の少年は、慌ててカプラサービスのお姉さんにセルーを出してもらうと、ゼリーのような生き物の口に一つ放り込んで残りをバックの中にしまい込んだ。

『アン』と呼ばれている生き物は、にっこりしながらセルーを口の中で転がしている。

・・・と、いってもゼリーのように体が半透明なので、端から見ると体の中にセルーがフヨフヨ浮いているように見える。

すると、ご飯をもらってニッコリしていたアンの目が、急に変わった。

「ねえ?サナ。何か聞こえない?」

アンは、相変わらず忙しそうにカートを覗き込んでゴソゴソしている少年の背中に言った。

「ん~?別に何も聞こえな・・・」

と、言いかけて、何か息づかいのようなものが聞こえるのに気がつく。
少年は何かを思い出したように、ハッと顔を上げると、そぉ~っと振り返った。

そこには、プリンを容器から逆さまにして取り出したような形のアンがいたが、その後ろには周囲の森とはあきらかに違う緑色が視界いっぱい目に入っていた。

その緑色にピントが合って、角が生えたヘルメットが見えた瞬間、突然頭上に殺気を感じた。

「うわぁ!」

少年は悲鳴をあげて後ろに仰け反りながら尻もちをついた。

その瞬間

「ドン!」

上から振り下ろされた斧が、尻もちをついた少年とアンの間に鈍い音を立てて突き刺さった。

心臓が飛び出そうなくらいドキドキしているが、いつまでもビックリしている場合ではない。

「アン!」

少年は、すぐ様立ち上がり、土の地面に突き刺さった斧を引き抜こうとしているオークウォーリアから目を離さずに言った。

「オッケー」

アンも、それが戦闘開始の合図だということを察知して、真剣な目つきになる。

すると、次の瞬間・・・

文字通りの馬鹿力で斧を引き抜いて後ろに体勢を崩したオークウォーリアの真下から、尖った触手のようなものが凄いスピードで生えてきた。

尖った触手がオークウォーリアの肩に突き刺さる。

「グォォォォ!」

しかし、オークウォーリアは、ひるまず肩に刺さった触手を反対の手でガシ!っと掴むと、そのまま触手を引張り上げた。

すると、アンの体が地面へと消え、オークウォーリアの目の前の地面から姿を現したと思ったら引張上げられてしまった。

オークウォーリアは、そのままアンを大きな岩へ投げつけようと振りかぶった次の瞬間

「カートレボリューション!」

ダンジョンに入る準備をしていたせいか、ポーションが山盛り入った重そうなカートで少年はオークウォーリアを思いっきりぶん殴った。

ガッシャーン!という大きな音と共に、オークウォーリアは真横に吹き飛ばされ、アンはそのまま空中に投げ出された。

回転しながら宙を舞うアンが地面に叩きつけられそうになった瞬間、間一髪で少年がアンを受け止めた。

「あぶなかったなぁ・・・アン、怪我は?」

目をつぶっていたアンが抱きかかえられたまま目を開けてみると少年の顔があった。

「大丈夫、かすり傷だよ」

5メートル程吹き飛んだオークウォーリアはグッタリと地に伏せ、昏倒したかと思うとスーっと消えていった。

少年はアンにポーションを投げて体力を回復すると、オークウォーリアが消えた跡に残されたオーク戦士の証を拾った。

「ダンジョンに入る準備してたところだったから、カート重量が重くて助かったよぉ~」

「そう、ボクのご飯も忘れるくらい夢中になって準備してたもんね」

「そう言うなって、ごめんよぉぉ・・・」

「じゃぁ、もう一個セルーくれたら許してあげる」

「さっきあげたばっかりじゃん!それにほら、さっきあげたセルーがまだ残ってるし!」

アンの半透明の体には、さっきより多少小さくなったセルーがフヨフヨ浮いている。

「ボクは成長期だから、まだまだ全然足りないよ」

「な・・・なんだって?!ホムンクルスにも人間と同じように成長期があるのか!・・・新しい発見だ!」

「うっそだよぉぉ~ん」

「なんだとぉ~コラー!」

二人(一人と一匹?)の会話はオークダンジョンに響きながら深い闇へと消えていった・・・。
別窓 | 物語 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
魔法学院入学!
2007-03-14 Wed 23:48
さてさて、キャラスロットが3→5になって
巷では1次職パーティや育成風景をよく見かけるようになりました。

そんな中、時計搭で有名なアルデバラン降り立つサナさん。

慣れた様子で足早に時計搭に進入して行き、カビルンルンや
大きなノッポのおじいちゃん時計を炎の矢やら炎の壁で焼いていk・・・














ん?









炎の壁?












はい、何故かマジ姿のサナさん。!Σ( ̄□ ̄;)

魔法職限定の面白そうなギルドを発見したので
そのギルドに加入する為に急遽5スロ実装記念マジシャンが生まれたのでした。w

他鯖でWIZ経験があるのでファイアーウォール縦置きを思い出しながら
ライドワードにかじられてがんばっています。_/ ̄|○

それにしても時期が悪かったのか・・・とにかくラグ死上等の狩りですね。(`・ω・´)

それでもなんとか転職。(o^ー')b

JOB45転職という中途半端っぷり。www・・・_/ ̄|○

でもって、やっぱり時計2FでちょいとJOB上げ。

いやぁ~転職したてはバンバンJOBが上がりますね。w


さーて、スキルを振るか・・・













えーっと・・・














アドバンストブック?















ぬお!Σ( ̄□ ̄;)


なんと迷った挙句にセージになりました。www

とりあえず、キャストキャンセルとフリーキャストと
ヘブンズドライブを取得。

後は、やっぱり付与かなぁ・・・と思い、フレイムランチャーを取得。

JOB25辺りでクエストスキルを取ることにしてみました。

セージのクエストスキルといえば、『クリエイトコンバーター』と
『エレメンタルチェンジ』ですね。

とりあえず、露店でコンバーターでも売ってみますかに。

エレメンタルチェンジは、とりあえず土属性を取得したのですが・・・
どうなのかなぁ?

これって例えば、元が4属性以外のモンスターもチェンジできるのかなぁ?

毒→土とか、無→土とか。

しかし、スキル使用の際にコンバーター一つ消費ってのは
手間のかかるスキルですねぇ。

そこで、とりあえずモンクでスリーパーを狩って貯めた
グレイトネイチャをウンバラにて割ってみることに。

それにしても、この属性石割りってメンドクサイです。

もう、手が腱鞘炎になるかと思いました。

そんなこんなで、とりあえずイエローライブが2.3K個くらい出来ました。

あ、コンバーター作成に必要な収集品を集めに行かなきゃ・・・。
別窓 | RO | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| さなさんの生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。